2012年6月26日火曜日

不明紋の研究・・袴田姓の家紋

上記の墓石家紋は浜松の墓園で見かけた「袴田」姓のものです。
名称がわからず、知り合いにお尋ねしたところ、
家紋ではなく、単なるマークではないか?との回答を頂きました。

しかし、どちらも「袴田」姓というところが気になって仕方がありません。
数か月放置していましたが、諦めきれず、図書館へ行って再調査してみました。

 
いろいろ検討した結果、本日の結論は

『変わり三つ巴文字丸』

 
⇒ではなく
「仏立の丸」・との事でした
・京都宥清寺の寺紋でした(家紋研究家のM氏からの教えて頂きました。2012.8.2追記)
(無理を承知で結論ずけてみました)
それではその根拠(調査結果)を解説します。
一)まず直感的に角字風にみると
「クサカンムリ」と「立」の組み合わせ文字にも見えます。
『漢語林』大修館書店で発見「苙」リュウⅰ)檻(おり) ⅱ)よろいぐさ。紫蘭
二)次に私が最も頼りにしている資料の一つ
『日本家紋総監』(千鹿野茂著)の巴紋から

どうでしょうか? 一見最初の2つのと比べると
、・中心部のぜんまい状の形状の有無
・三分割の形状

三)次に現在の「袴田姓」はどんな家紋が使われているか?
『都道府県別姓氏家紋大事典』(千鹿野茂著)で調べてみると、
下記のように出自と家紋によって六つに大別されます。
家紋「左三つ巴」a,cのうち 静岡県はc.


a:豊後国大友氏族  家紋はすべて「左三つ巴」
北海道、青森県、埼玉県、和歌山県、広島県、香川県、愛媛県 

b:伊勢国渡会氏族
東京都「丸に梅鉢」、神奈川県「丸に橘」 和歌山県「抱き茗荷」、京都府「丸に蔓柏」

c:遠江国藤原氏族
静岡県、愛知県は「左三つ巴」、岐阜県は「丸に剣片喰」

d:桓武平氏族  宮城県「七曜」

e:安東氏家臣  秋田県「丸に三つ柏」、「丸に木瓜」

f:出自不明  鹿児島県「木瓜」

四)次に袴田姓の出自について
『全国名字大事典』(森岡浩著)によると
袴田【はかまだ】静岡県の名字。
県西部に集中しており、特に浜松市に多い
戦国時代は井伊氏の家臣に袴田氏があった。
江戸時代には遠江国各地に袴田家があった。
豊田郡二俣村(浜松市)の袴田家は橘姓といい、代々名主を務めた。
このほか、伊勢国渡会郡袴田(三重県)発祥の袴田氏もある。
軒数順位は全国1000位台、最高は静岡県87位(1000軒以上)

以上より
もし「左三つ巴」の変形・派生の文様であると信じつつ・・・
最初の結論に至りました。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    家紋研究家の森本勇矢と申します。
    この紋は「仏立の丸」といいます。
    京都の宥清寺というお寺の寺紋ですよ。
    http://www.honmon-butsuryushu.or.jp/about/yuseiji.html

    宥清寺墓地ではほとんどの墓にこの紋が刻まれていました。
    また京都市内の各所でこの紋を家紋とは別に入れているお家も多いです。

    返信削除
    返信
    1. 森本さん 貴重な情報ありがとうございます。三河を中心に数十か所の霊園・お寺を歩きましたが、遠州浜松で初めてこの門に出会いました。寺紋とは予想外でした。一度 丹羽基二著「寺紋」も調べたのですが(ページを捲っただけ?)、再度調べてみます。これで心が晴れました。

      削除