2011年8月30日火曜日

長良川鵜飼

鵜飼見物ーー船上懐石、日帰りコース
14:00自宅出発・・・久しぶりの名古屋高速では2度も進路を間違えてしまいました。

16:00十八楼着、川原町散策・・・川が荷物の運搬を担っていた時代、長良川上流の木材や美濃和紙などを取り扱う材木問屋や新聞屋だった商家が多く軒を連ねています。
写真は郵便ポストがありますが郵便局ではなく
喫茶店でした。
明治時代、かつては紙問屋だった町家が和雑貨と喫茶が楽しめるなつかしい空間に生まれ変わりました。奥の蔵ではコンサートなども開催。

17:30 十八楼ロビー集合
俳人松尾芭蕉が吉野行脚帰路、長良川に立ち寄って、十八楼記を書いたそうです。
その原文が背後の銅板壁です。

17:45 鵜飼説明
本日は最長老の鵜匠 山下純司さん。
宮内庁式部職の鵜匠は六人で代々世襲。
風折烏帽子に腰蓑姿の伝統装束で華麗な技を披露。

18:00 乗船して上流へ移動し食事
鮎料理がメインの懐石料理でした。
食事の途中で鮎焼き船が横着けして、焼き立ての鮎をいただきました。

19:45 鵜飼開始
総がらみ

20:30 下船

2011年8月25日木曜日

段駄羅

末尾に最新作を逐次追加改訂しています。

8月21日(日)午前中のハナモニ・昼食・会議終了後
飯田から刈谷へ帰宅途中、東海環状道の足助・勘八IC辺りで
聞いていたラジオから『段駄羅』の紹介。
初めて聞いた言葉でした。
アナウンサーの解説で「輪島の漆塗り職人の間で流行った575の言葉遊び。俳句との違いは中の7をもじって2つの意味を持たせる遊び。上の5・7、下の7・5は独立していても構わない」・・・大体こんな説明があり、数首紹介がありました。
・『品川は 大森の傍(大盛の蕎麦)5百円』
あと何種か紹介がありましたがすっかり忘れてしまいました。
自宅に帰り 早速パソコンで『段駄羅』を検索したところ沢山紹介があり、面白いものがたくさん載っていました。
二人連れ 紀香えなりと乗換えなりと) 汽車を降り
合格は  数パーセントスーパー前途)多難です・・・・・等
そこで自分でもTVを見ながらネタ探しで何首か作ってみました。
まだ数種化できていませんが、逐次追加していきたいと思っています。
徳光が 見事完走身ごと乾燥)日間賀蛸
妻と子の 一斗缶事件何時と感じけん)例のあれ
岩隈の シュート曲者拾得せしもの)儲けもの
2011.08.26
岐阜県の 板取の川 (虎杖の皮) 剥いで食べ
神の代 扇子と団扇 (センスとうちは) 言えません・・・うち/内気ですねん

雅知る 扇子と団扇 (センスとうちは) 言えません・・・うち/内気ですねん

2011.8.27
紳助も 闇社会かい (病みし哉 かいかい) 我慢無理・・・どこがそんなに痒いのか?

スイス越え ドイツに行くの (どいつ憎いの) 聞いてみる
撮影は 京都御所にて (郷土五升煮て) 餅を搗く 
2011.8.30
紳助も 闇の社会で (闇の車蓋で)蛍見る  
美術館 絵画鑑賞 (下位が完勝) 復活戦
2011.9.1
夏の夜は まだ宵ながら(又酔いながら) 明けにけり
百人一首36の清原 深養父 の句を頂き、二日酔いを詠みました。

2011.9.2
行き過ぎだ ヘヤカラー(ヘヤカラー臭い)当たり前
2011.9.7
バンザイと 吾が子諸手は(吾が衣手は)露に濡れ
これも百人一首1天智天皇から
2011.9.11
ネバーランドへ行く途中の安全標語かんばんをみて
イフ最初 仮定法かい?(家庭崩壊) 飲酒事故

2011.9.15
16 野田総理 正心誠意(正新星良い)新宇宙
17 俳優の 富士真奈美さん(習ふ四股3)稚児相撲
18 小樽まで 来たかろうとは (北菓楼とは)菓子店だ
19 大友氏 杏葉の紋(共用の門) 内混浴(混浴だ)
先日豊橋美術博物館で、三遠南信の古墳から発掘された「金ぴかの杏葉展」を見に行き感動。
    ついでに本来の「杏葉」紋の使用家に思いをはせ・・
2011.9.17
20 妻歌う 童謡・唱歌 (動揺消火)手間取った
21 秋来たり コスモス栗と (越すも村主と) 安藤と(真央ちゃんと)
22 絵手紙は 相田みつお(愛だ、蜜を) 蜂蜜よ
23 綱無念 日馬富士には(春眩し庭) 桜咲く

2011年8月22日月曜日

ハナモニ8月

雨模様の8月ハナモニ
雨にもかかわらず8人が集合。
ゲジゲジシダ
木道へ降りる手前の右手。
ハナモニ5年目で先月初見!!2株のみ。
葉と茎の形がユニークです。
ササユリの実
木道に入ってすぐの右土手
かわいい実になっていました
トモエソウ
5弁の花弁に似た萼片が卍(巴)の形になるのでこの名がついています。
7月から咲きはじめ、早いもの大きい花が咲きはすでに実になっていますが、
今は花が小さく終盤の様相です。
Bコースの中間点
ナラタケモドキ
コナラの根元にいっぱい出ていました。
このタケが生えるということはこのコナラは衰弱している証拠だそうです。


ミヤマウズラ
林床に生える小型常緑の多年草。
名前の由来は葉の裏に茶色の斑点があって、ウズラの羽根に似ているため。
ヤブミョウガ
コース外の廃棄物処分場の縁のところに10株ほど群生していました。
どこからか持ってきた土に種があったようです。
この種は暖地性の植物でこの地のものではないそうです。
茎の頂上に花が咲いているミョウガを始めてみました。