2012年4月16日月曜日

≪実録≫墓石家紋 第2弾 不明紋・珍しい家紋

≪実録≫全国墓石家紋めぐり
大変遅くなりましたが4月17日紋ちゃんの助言を参考に名称を追記しました。(2012.05.14)
平成21年末から 自分の足で歩いて収録した墓石の家紋だけを使って、『自分辞典』を作るという趣旨で開始以来、丁度3年目を迎えます。
当初は在住の刈谷市だけの寺院・墓地の家紋を集めるつもりでしたが、欲が出て全国展開することとなってしまいました。
当面1000種類の収集を目標として頑張っていましたが、このたび(4月15日現在)1103種となりました。
先日、豊田市の古瀬間墓園で、珍しい家紋・名称の分らないものが多くありました。

もしご存じならお知恵を拝借したいと考えています。

まず最初①は 伊地知姓ですが名称がわかりません
:この姓は、姓氏家系歴史事典によると、「越前島津家臣」で、
家紋としては、「組井桁」、「繋ぎ変わり十の字」など
・・・十の字を絡ませたように見えないこともないのですが・・・

華鬘結び

②は一見「三つ巴」かと思いましたが、実は丁子紋。
「三つ丁子巴」でした。山本姓でした。


三つ丁子巴
③これは初めてお目にかかりましたが、「丸に花筏」だと思います。
今も時期、桜吹雪のなか、筏に乗って川下りは実に風流です。
橋本姓でした。
丸に花筏
④外周は「雪輪」ですが、雪輪の中が分りません。
昔見たことがあるようですが思い出せません。
鹿敷姓です。


雪輪に六つ若松

以下⑤中山姓、⑥襄姓は全く見当がつきません。どなたか教えてください。


丸に三枚笹

桔梗飛び蝶

ハナノキ雄花満開・ザゼンソウの落ち葉からの脱出

 ハナノキ自生地である湿地のモニタリング6年目になりました。
しかし今年は厳寒のせいで植物の目覚めが1,2週間ぐらい遅れている感じです。
今回の参加者は hi/oh/oy/ki/ku/ok/nk の7名です。
伊那谷の標高600mの谷底は、まだ春は遠く、コース両側5mをなめるように観察。
お蔭で面白いものを発見できました。

まずはハナノキ
Cコース入口です
雄花が満開です Aコース入口です

春の定番 ここのおすすめお花
エイザンスミレ 今年も美しく咲いてくれました
葉の切れ込みがが深いのが特徴です

ご存じショウジョウバカマ
日当たりが良いほど赤みが強いような気がします

Cコース中ほど 神々しいお姿に拝礼!


さてさて 今回のおもしろ画像公開です。
雪に埋もれている落ち葉の中からどうやって地上に芽を出すか?
その芽を出したところに落ち葉があったら・・

こんな光景見たことありますか?
ザゼンソウ
今回の最大傑作・・どんぐりの固い固い帽子を突き抜けて・・
脅威の底力です。・・感動!!


奇跡中の軌跡
少しでも的がずれたら決してこんなうまくは行きません
コバノギボウシよ!よくやった!

落ち葉にもどんぐりの防止にも邪魔されずに顔を出したら、
ウサギに芽を食べられたようです。
ウサギにかじられた
かわいそうなザゼンソウ

最後は美しいコケ類です
タマゴケです。
かわいい緑色の胞子体がぶら下がっていました。
熟すと褐色になり胞子は放出されるそうです。

ヒノキゴケ・・別名イタチのしっぽ
・・なるほどなるほど

















2012年4月5日木曜日

キスミレを見た!

3月29日 自然を楽しむ仲間15人と春の湖西連峰を歩きました。
10時豊橋駅に集合、バスで30分「葦毛湿原」に到着。
温暖な春の陽気で、そよ風が気持ちいい!
ヤマウグイスカグラ・ショウジョウバカマ・ハルリンドウに出会う。
ヤマウグイスカグラ・・上品に咲いていました

ハルリンドウ・・木道から手を伸ばしてブラインド撮影

葦毛湿原を通り過ぎ、尾根伝いにアップダウンを繰り返しながら、TV塔分岐点
カタクリ自生地で昼食の後、
キスミレ(絶滅危惧Ⅱ類)自生地へ。
キスミレは日本では阿蘇山、静岡県富士宮市の朝霧高原)ほか数か所しかないそうです。
初めて見るキスミレの可憐さに感動しました。
ちょっと失礼して、花弁の裏を覗かせていただきましたが、
距がほとんど見当たらないのに驚きました。
待望のキスミレとの出会い

カタクリ
東山(松明峠)から東に浜名湖、南に太平洋、西に豊橋駅を見下ろす。

二川駅に着いた頃には喉もカラカラ

豊橋駅で反省会
店も一番すいている時間帯で、店も大サービス
1時間半で喉も潤い反省会終了し、解散